スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 6話

ちょー久しぶりの更新ですが、この作品、下手にツイッターじゃあ感想呟けないから(ネタバレになるので)ブログで振り返ってみたい。


一部には「3話よりひどい」という声もある6話ですが、個人的にはそれ程でもなかったような気がします。さやかの死の演出は5話アバンで済ませているわけだし(だって、あの倒れ方ってキャラが死ぬ時の演出まんまでしたし)、それにほむらは「死んでしまった人が帰ってこないのと同じ事」って言ってたし。

で、おパゲーヌスさんが指摘している通り、肉体を機械だと思っている私としては、それ程、気持ち悪いものだとは思っていません。サイボーグ化と違って生体として機能したままなら失う物が果たしてあったのか、とすら思います。生理がなくなった(生殖機能の喪失)とかなら話は別だけど、それならマミさんも杏子も異変に気付くよね…って恋もできなくなるってそういう事ですかマミさん!?

ただ、このネタはもう少し後でやると思っていたのですが、それをこの6話でやったという事は、脚本上、2つの意味があると思う。

ひとつは、(私自身はともかく)キャラクター達は今後、動いてしゃべっているさやかを見るたびに、気持ち悪さを感じるという展開が考えられるという事。(ただ、気持ち悪さを受け入れられなくて「肉体機械論」を受け入れてしまう可能性もありますが。

もう一つは、この程度比較にならないくらい、ひどい(個人的には嬉しい)展開をしかけられるだろうということ。
実に楽しみです。

願わくば、安易なご都合主義によるものではなく、彼女達が精一杯あがいたうえでの悲劇が訪れますように。


追記:今回のママさんの教え、間違えで「正しさの積み上げで起こる悪いこと」を防ぐ、という話。良かれと思って間違うのは正しさの積み上げにカウントされるんじゃないのと思ったけれど、あの行動のおかげで杏子との共闘の目が出てきた(杏子はコレで初めて疑いを持ったわけだし)という点では、やっぱりヒットだったのかな? ただ、魂と肉体の維持のため、より必死にグリフシードを争奪しはじめるという嬉しい展開もありますね。魔法で肉体をコントロールしているなら、ただ生き続けるだけでソウルジェムが消耗すると考えられるし。

追記2:システム“MAHO-SYO-JYO”の実態が、本体であるソウルジェムと遠隔操作される肉体であるのなら、3話の魔女と似てるなぁと思ったり。やだなぁ、ただの感想ですよw

追記3:システム“MAHO-SYO-JYO”の考え得る弊害。(単なる予測です)
1.生命(肉体)維持のためだけにグリフシードが必要になる。
2.根本的な意味での生体活動は停止し、生殖機能を失う。
3.2と同じ理由で肉体は成長しない(ママの「早く大人になりなよ」という言葉が刺さるw)。しかし通常はそれが顕在化する前に戦死するかソウルジェムが劣化してしまうので、問題になりにくい(ほむらは怪しい)。あ、でもマミさんは胸育ってるように見えるな……
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女まどか☆マギカ 第6話『こんなの絶対おかしいよ』

絶対、なんてことは無いんだよ…? まどかママンが光ってたと思う第6話。 さやかよりもまどかの方が“自分の正しさ”を押し売りしてる気がするのですな。 故に、かなりウザイ(苦笑) でもって。 QBは“黒い”っつーより“根本的に別の生物”だと思い知らされました! 魔…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

腐視穴はるる

Author:腐視穴はるる
百合もBLも男の娘もOKな腐った目と脳の持ち主です。
でも男女ものはあんまり・・・
ドロドロはカンベン(>_<;)
現代も、ファンタジーも、SFも、ロボも大好き!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブクログ
最近買った本とかCDとかDVDとか
表紙をクリックすると詳細画面
最新トラックバック
リンク
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。