スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメの感想をRPG風に考えてみる(便乗

妄想詩人の手記のおパゲーヌスさんがおもしろいエントリーをされていたので、便乗してみます。

ブログ雑感 (第3回) -アニメの感想をRPG風に考えてみる
ただ、 考察系記事=物理攻撃系、感想系記事=魔法攻撃というイメージは共有化できなかったので、自分のイメージを構築するところからトライしてみました。
まあ、ゲームによって職業分類は変わるよね?ってことで。


ファイター(感想系一点突破型)
厚い鎧と重い武器で、単体の敵に大ダメージを与える重戦士は感想系一点突破型です。小細工なしの正面突破は、作品の中に好きなところを見つけたらただひたすら、いかに素晴らしいかを語ります。あちらにもこちらにも目が届くクレリックに視界の広さで一歩譲りますが、そのパンチ力はだれにも負けません。

クレリック(感想系広範囲型)
あちらを回復、こちらに補助魔法と戦況の全体を見回し信仰の魔法を使う、聖職者は感想系広範囲型です。隅から隅まで作品の魅力を引き出すことができます。パンチ力ではファイターに一歩譲りますが、全体を見渡す感想は他の追従を許しません。

シーフ(考察系観察型)
ダンジョンやでは通路や罠の構造を分析、戦闘では敵の攻撃や防御を観察してひらりひらりとかわしながら急所に一撃を見舞う、盗賊や軽戦士は考察系観察型です。演出や伏線など、作品の隅々まで観察・分析し、製作者の意図を読み取っていきます。蓄えた知識ではウィザードに及ばないこともありますが、鋭い観察眼による考察はぴか一です。

ウィザード(考察系分析型)
書物で得た知識で魔法を使う、魔導士は考察系分析型です。過去の作品や他の周辺知識から、作品を分析・考察します。観察眼自体はシーフに劣り、自分の知識にない部分についてはお手上げになりますが、前提知識が必要な場合の考察なら実力を発揮します。

・自分のステータスを想い描いてみよう

ブロガーステータス


コンピュータRPG(パソコンもゲーム機も)は、あまりやらないのでTRPG(テーブルトークRPG)でよくやるゲームのデータを簡略化してやってみました。
15ポイントバイ、種族:変態の能力値修正(知力+2、魅力-2)は計算済みです。(わかる人だけにわかる注釈)



ここまでやって気がついた。フォーマット変えたら比較=企画にならない・・・

というわけで、おパゲーヌスさんのフォーマットでもやってみよう。


名前:腐視穴はるる 職業:長文魔法戦士
タイプ:魔法攻撃・物理攻撃併用系
HP:60
MP:20
ちから:20
精神:8
体力:30
すばやさ:4
うんのよさ:10
レベル:3(昔HP作ってたけど、ブログはまだ始めたばかりだからね!)

装備
右手:呪いのどくばり(たまに書くBLが読んだ者を即死させる)
左手:じゅもんしょ(官能小説用語表現辞典)
頭(顔):腐視穴のメガネ(ゆがんだレンズの色眼鏡。なんでも百合とBLに見える)
体:ポケットの多い服(コミケのとき便利)
装飾品:○年分のコミケカタログ
    製本道具一式
特技:ウザさでは負けませんから(回りくどい長文)
   リミッター解除(百合・BL限定特技)
魔法:引用文(文章をさらに無駄に長くするので多用厳禁)

特記事項
鬱展開大好き。燃える。でも恋愛のドロドロだけはかんべんな!
男女の恋愛には基本的に無関心。BL・百合でも細かいことはわからない。でもBL・百合は楽しいから好き。


今回触れた本一覧(amazonへのリンク)
プライベート・ゲイ・ライフ―ポスト恋愛論
「レズビアン」である、ということ
脱男性の時代―アンドロジナスをめざす文明学
セックス神話解体新書 (ちくま文庫)
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)
東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)
東大オタク学講座 (講談社文庫 お 103-1)
新人賞の獲り方おしえます (徳間文庫)
宇宙はくりまんじゅうで滅びるか?
すごい科学で守ります!―特撮SF解釈講座
官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「種族:変態」に噴きましたwww ノっていただきどうもありがとうございます。

ステータスのフォーマットは、むしろ個人で好きなRPGタイトルが変わってくると思うので、長所と短所を把握できれば、あとはなんでも良いでしょうね。私はTRPGがさっぱりなので、判定がうんぬんってのはちょっと分からなかったです。でも、表現したいことはよく伝わってきた^^


職業の4タイプは、なるほどと思いました。こういう括り方だけ見ても、ブログをどう読んでいるのかが分かって、面白いですね。その分類だと、自分はシーフになるんでしょうかね?w

No title

おパゲーヌスさん、コメントありがとうございます。

エルフとかドワーフとか有翼人とかファンタジーなものも考えたんですけどね>種族

TRPGは、ちょっと簡単には説明しずらいですね。
まず、コンピュータRPGより、戦闘以外のシーンが多いです。
なので、戦闘での命中や回避の成功/失敗以外にも様々な事柄の成功/失敗を決める=判定する必要があるのです。目撃者をさがして町中聞き込みをして、情報を入手できるか、とか(コンピュータの乱数機能の代わりにサイコロなどの数値で処理します)

また、キャラの性格付けが細かいものゲームが多いです。
剣は苦手だけれど斧は得意とか、女性全般に弱いとか。
すると<つよさ>の数値が同じでも剣を装備すると<つよさ>にマイナスがかかったり(斧ならプラス)とか。
女性相手なら、攻撃の命中もマイナス、交渉もマイナス(ついつい相手の言いなりに・・・)とか。
たいてい不得意分野があると代わりに得意分野がもらえたりします。
剣が苦手という欠点の代わりに、斧が得意という特技がもらえたり。
節穴という欠点がある代わりに腐視穴という特技がもらえたりw

まあ、TRPGやらなければどうでもいいことですが。
プロフィール

腐視穴はるる

Author:腐視穴はるる
百合もBLも男の娘もOKな腐った目と脳の持ち主です。
でも男女ものはあんまり・・・
ドロドロはカンベン(>_<;)
現代も、ファンタジーも、SFも、ロボも大好き!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブクログ
最近買った本とかCDとかDVDとか
表紙をクリックすると詳細画面
最新トラックバック
リンク
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。