スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト『第十話 旅立チ・初雪ノ頃』

とりあえず予測が当たったのは、単純にうれしいです。まあ、参謀としての召還との2点賭けでしたけれど。

というわけで、予測確認回でした。あと、伏線回収。
マダムのエピソードは、正直なところ私には理解不能でした。他の方がブログで解説してくださるのが頼りです。

でも、「先輩、行っちゃいや」みたいなシーンをバッサリ切って、台詞なしでクレハが泣くだけに抑えたのはよかったです。
彼女たちは「今度こそローマの奴らを叩き潰す!」とかいうタイプではありませんし、ならば善悪という軸ではなく政略結婚の必然性は理解できるはずですし、そこでわがままを言うほどの子供ではないはずです。かといってドライな別れではキャラクターに整合性がとれません。
そこをうまく表現したと思います。

でも、リオ先輩がこのまま退場だと、OPで、砦の乙女の伝説になぞらえた映像はイメージにすぎなかったことになるのかな?
スポンサーサイト

tag : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 感想・考察・批評

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

腐視穴はるる

Author:腐視穴はるる
百合もBLも男の娘もOKな腐った目と脳の持ち主です。
でも男女ものはあんまり・・・
ドロドロはカンベン(>_<;)
現代も、ファンタジーも、SFも、ロボも大好き!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブクログ
最近買った本とかCDとかDVDとか
表紙をクリックすると詳細画面
最新トラックバック
リンク
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。